matterport news

matterportがTHETAとInsta360と提携

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
leica geosystems

マーターポートライフ楽しんでいますか? ヒロです。
matterportからRICOHのTHETA/Insta360 ONE Xとプラットフォームが提携したという連絡が来ました。(招待制のβ版プログラム)

詳しい記事は後日まとめるとして、現状分かる範囲だけでも簡易ですがテキストですがまとめてみます。

 

PRO2以外のカメラが使えるようになった

matteroportは基本的にPRO2カメラを使用するのが一般的。
PRO2カメラは赤外線センサーと、4Kカメラが内蔵されている割には比較的小さい方でしたが 3.4kgあり、また日本にそこまで台数がないということもあり お手軽に撮影 というわけではなかったかと思います。壊したら大変ですしね。(撮影中にカメラが倒れ外面がへこんだときがあり、私の気持ちもへこみました)

そんな matteportがPRO2カメラだけではなく、360度カメラ、それも世の中に普及している RICOH THETA,Insta360 ONE Xにまで対応をしたんです。

360度カメラと連携する凄さ

360度カメラ(RICOH THETA,Insta360 ONE X)は赤外線センサーはもちろんありません。よって点群データもありません。
360度カメラは本来、360度を動画や画像できれいに残す撮影が本来の用途です。それをソフトウェアの力でPRO2同等のスキャニングを可能にする、だから大きな進化だと我々は考えています。

RICOH THETA,Insta360 ONE XがmatterportのPRO2カメラと同様の使い方ができるんです。(ビューワーやSHOWCASEとして)

仕組みについて。あくまで想像。

あくまで想像ですが、360度画像から近しい部分をつなげていそうです。画像を3D化しているんだろうと。

フォトグラメトリーの進化もあるので、最近は画像解析の技術力が急激に上がっているので、組み合わせによって今までできなかったことがアイディアと組み合わせる力によって可能になっています。

数センチ単位の誤差が問題なけれあば、レーザーとうも場合によっては不要になるのかな。
ちなみに最近はこんな感じで進化。

matterportの強さ

matterportはつねづね書いていますが(言っていますが)カメラ屋でもなくソフトウェア(プラットフォーム)が他社の追随を許さないくらい優れているんです。

プラットフォームです。ソフトの世界です。 撮影をしていてわかりますが、機械に合わせて人間が補助をしている感覚です。 ソフトが素晴らしいmatteport。グローバルに基準を合わせたスマートなビジネスが大事ですね。

詳しい記事は後日掲載予定

現在、色々と試しており PRO2カメラと360度カメラの違いについての記事もまとめています。

マニアックな情報ですが、発信していきます! みんなで盛り上げましょう!

360度カメラを持っていてmatterportを自社に導入したい

ぜひこんなお客様がいたらお気軽にお問い合わせ下さい。精一杯サポートをします!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください