コラム

matterportの日本での事例まとめ【2018年度】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
日本

こんにちは。matterport naviです。

matterport社のサービスを扱う日本の皆さん。うまく活用はされていますか?

最近は日本でもmatterportを提供する会社/個人の方が私の周りでも増えてきました。我々に問い合わせ等をいただいている企業様や、これから始める企業含めおそらく100社以上おそらくあるかと思います。

中には会社の核が工務店や内装業者さんなので別でマネタイズができるポイントが有るためにmatterportをパッケージとして提供をし格安で撮影をする会社もこれから出てくるとも聞いています。

そこで、今回はmatterport事業をこれから始める、すでに始めていた方々向けにmatterportの日本での事例をいくつかまとめてみましたので、ご参考にしてもらえれば幸いです!

Webでの検索の状況

Pexels / Pixabay

Googleトレンドから競合と思われるサービスで日本での過去5年間の検索状況をまとめてみました。今回の比較検索は matterport、InsideMaps、THETAの3つです。

検索のボリューム比率は2018/08月時点だと 1位:THETA 2位:matterport 3位:InsideMaps
やはりといってはなんですが、リコーさんのTHETAが圧倒的に検索ボリュームとして大きいですね。サービスを提供するメインの対象が違うという点もありますが、THETAさんはさすがですね。私もいくつか持っていますが、プラグインの開発なども最近できるようになったので、ますますこれから伸びていくのかなと思います。

2位は大健闘!matterport。 ちなみに、matterportはマーターポート、マターポートなど読み方が人や企業によって違いますがmatterport社公式の見解として「マーターポート」なので、統一をよろしくお願いします。

3位はInsidemaps。我々もまだ勉強中のサービスではありますがソーシャルゲームで有名なGREEが正式に手がげているサービスです。   https://vrestate.jp/

都市別の検索比率について

PIRO4D / Pixabay

次も matterport、InsideMaps、THETAの3つ と思ったんですが、 圧倒的にTHETAが検索として多いので THETAは外し matterport と InsideMapsで比較してみます。

都市別での検索のボリューム比率は2018/08月時点だと、圧倒的に東京で検索がされていると結果が出ました。
やはり建物や人工が多い東京からかとは思いますが、おそらく遅かれ早かれ、各都市にも広がっていくものかと思います。

日本での撮影事例

Kanenori / Pixabay

matterportに関連したサービスをプレスリリースとして提供している事例を集めてみました。

http://www.nesic.co.jp/solution/cloud/smoothcapture.html
空間撮影&3Dコンテンツ配信サービス SmoothCapture

https://www.nikkei.com/article/DGXLRSP442187_R10C17A4000000/
野村不動産アーバンネット、不動産情報サイト「ノムコム」で「レコメンド物件メール配信サービス」の提供を開始

https://suumo.jp/tokushu/matterport/

matterport特集|SUUMO注文住宅

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000013.000022848.html
3Dスキャニング技術による360°パノラマ撮影サービス「Matterport®撮影代行」をリリース

来日前に民泊のヴァーチャルツアーも可能に。VR撮影・制作サービス「Onepiece Camera VR」11月27日より提供開始


民泊ニュース
来日前に民泊のヴァーチャルツアーも可能に。VR撮影・制作サービス「Onepiece Camera VR」11月27日より提供開始

https://www.excite.co.jp/News/release/20170921/Prtimes_2017-09-21-28095-1.html
高機能 360度 空間3D-VR撮影サービス「Matterport 3D Spaces」を提供開始

matterportの日本での事例についてまとめ

matterportは2018年の日本だと不動産、IT、宿泊業界で広がってきているようです。

3D,VR,AR,MR,ドローンといった、スマホを中心に始まった技術革新。どのような進化が行われていくかわかりませんが、個人的にはVRはこれからもっと身近な存在に日本でなっていくかと思います。matterportはアメリカのサービスですが、撮影だけを代行すだけでなく、matterportのシステムの上から載せるソフトやプラグインの開発を日本企業がつくり、言葉の壁を超え、世界にそれを届けることができればいいと思います。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください